毀誉褒貶

全て 名詞
189 の例文 (0.00 秒)
  • シュタティウスは、その裕福さのために毀誉褒貶が激しい人物である。 ...
  • その人生の前半は輝かしい勝利に満ち、そしてその後半は数々の毀誉褒貶きよほうへんに色どられた女性。 ...
  • しかしその毀誉褒貶をなす者もまた一元に帰せざるを得まい。
  • ナイトは長きにわたりこの地域において毀誉褒貶の激しい人物であり、動機や行動について人々の意見は分かれている。 ...
  • この伝記はモリエールについて研究する上で資料的な価値は極めて高いが、毀誉褒貶の激しいこともまた事実である。 ...
  • 人格的評価については毀誉褒貶様々な意見がある。 ...
  • さもない間の毀誉褒貶きよほうへんなど、心にかけることもあるまい。
  • 足利尊氏ほどのちの人によって、また時代によってその評価に毀誉褒貶きよほうへんの振幅の大きい人物はいない。 ...
  • 見えを飾り、人の聞えを気にするたちの人なら知らぬこと、良人は、そんな毀誉褒貶きよほうへんに心を左右されるお方ではありません。 ...
  • この為、競馬読物等で和田が語られる場合の人物評は毀誉褒貶が相半ばする所がある。 ...
  • 毀誉褒貶きよほうへんは仕方がない、逆賊でも国賊でも、それは何でもかまはないです。 ...
  • 性格 世評の毀誉褒貶きよほうへんを事とせず、自己の信ずる所に突進してまず。 ...
  • 芝居の世界における毀誉褒貶きよほうへんは日常茶飯の事で、その世界にいて仕事をしてきたものだから、賞に落ちたからといって、がっかりすることもなかった。 ...
  • 改革党は、左派を支持したり右派を支持したりと毀誉褒貶がある。 ...
  • 春海による改暦実現はすぐに江戸市中に広まり、これまでにない毀誉褒貶きよほうへんを招いた。 ...
  • 毀誉褒貶きよほうへん一切合財いつさいがつさいを、この一番で土俵下へ体もろとも投げ捨てた。 ...
  • 従って、名人論、非名人論、古くから毀誉褒貶きよほうへんのなかに彼の名はただよわされて来た。 ...
  • 次へ