毀誉褒貶

全て 名詞
189 の例文 (0.00 秒)
  • 小説は最も現代的な雑誌に発表され、例によって毀誉褒貶きよほうへん相なかばした。 ...
  • 毀誉褒貶きよほうへんはだれにもあることだが、これほどそれが甚だしい人も珍しい。 ...
  • 大西のこのような態度に対して、毀誉褒貶きよほうへん二つの評価が生まれたのは当然である。 ...
  • 死んだ人間に生きている人間の営みや毀誉褒貶きよほうへんが滑稽に映るのは当然である。 ...
  • 伝記は毀誉褒貶の激しい書物となったが、その功績は極めて大きい。 ...
  • 評価については以下のように毀誉褒貶が著しく、特に首相時代に対して多い。 ...
  • また自身が毒舌家であることから毀誉褒貶の激しい人物とされ、批判されることも多い。 ...
  • また、彼の作品群の隠遁性向が強いことに対する毀誉褒貶も大きい。 ...
  • 毀誉褒貶の多い人だけに友人は少なく、終生の友として成島柳北の名があげられる。 ...
  • ビスマルクの評価は評価する者の思想傾向によって著しく異なるため毀誉褒貶が激しい。 ...
  • この時からユーゴスラビア人中にゴルヴィッチの毀誉褒貶が始まった。 ...
  • この韻文が、当時の女性たちに毀誉褒貶きよほうへんを与えたことは、申すまでもあるまい。 ...
  • 東京の女学校長で、あらゆる毀誉褒貶きよほうへんを一身に集めたことのある人である。 ...
  • しかし、その「司馬史観」についてはさまざまな毀誉褒貶が生まれている。 ...
  • 毀誉褒貶相半ばし、スキャンダルを仕掛けられたこともあった。 ...
  • 世の毀誉褒貶きよほうへんを気にする性であった。 ...
  • 美紀子にとって、彼らは地上の毀誉褒貶きよほうへんから隔絶された純真な山男であった。 ...
  • 次へ