殺生関白

全て 名詞
46 の例文 (0.00 秒)
  • 対秀吉の第三の危機は、殺生関白秀次の失脚事件の時であった。 ...
  • そんなわけで、殺生関白の千人斬りといえば、たれ一人知らないものはなくなった。 ...
  • 事実、この頃になると、殺生関白の悪名は、京の街々に鳴りひびいていた。 ...
  • こうなっては、さすがの殺生関白も仕方がなかった。 ...
  • その禁を破ったのも、殺生関白なればこそであった。 ...
  • 殺生関白、つまり秀次暴君論の評価については、現在、専門家の間でも意見が分かれている。 ...
  • いずれそのうちに秀頼公ひでよりこうがご誕生あそばしたら、殺生関白秀次公ひでつぐこうはお払い箱。
  • 謀反説はその後の他書においては讒言説へと発展するわけであるが、完全には無くならず、殺生関白の悪名はほぼそのまま残った。 ...
  • と云うのは、いったい彼は何処から此の橋の下へ流れて来た者か分らないけれども、今のような文句を暗誦するところを見れば、恐らく殺生関白の遺臣ではないのか。 ...
  • また、天皇の代わりに政治を行う関白の職にありながら、「殺生関白」と呼ばれるなど、秀次の素行に問題があったとする説は当時から存在した。 ...
  • その後2006年に、文芸社より「殺生関白」という歴史小説を出版した。
  • 最も強く秀次暴君論を否定する小和田哲男は、殺生関白を説明するために多くの逸話は創作されて追加されたものであるとして、殺生関白の史実性を明確に否定する。 ...
  • 殺生関白の愛妾であったお耀の方が、好んで着ていたという洛中洛外図の打掛、というしろものが、重大だぜ。 ...
  • 殺生関白などという聞くだに忌まわしい仇名で、近ごろ呼ばれはじめた秀次ではありませぬか。
  • 俺を殺生関白だという! ...
  • 根来寺ねごろでらの塔に住んでいたのも、殺生関白せっしょうかんぱく太刀たちを盗んだのも、また遠い海のそとでは、呂宋るそんの太守を襲ったのも、皆あの男だとか聞き及びました。 ...
  • その秀次が、突如として、その志を放棄したばかりか、優美な性質をも一変して、殺生関白と化したのであった。 ...
  • 次へ