殺生禁断

全て 名詞
61 の例文 (0.00 秒)
  • 殺生禁断令せつしようきんだんれいすら諫止し得る者がなかったことを思えば十分であろう。 ...
  • 古代の殺生禁断令では鶏肉とともに鶏卵も避けるべきものとされた。 ...
  • 殺生禁断の詔は聖武天皇の際にも出され、ニワトリの肉のみならず卵も避けられた。 ...
  • もし又それが嘘であるとすれば、夫が殺生禁断を犯しているのを知って、ひそかにその様子を探りに来たのかも知れない。 ...
  • イワナがけて坊主ばうずになつて、殺生禁断せつしやうきんだん説教せつけう念仏唱ねんぶつとなへて辿たどりさうな。
  • 天文14年朝倉孝景の頃には殺生禁断の制札を立てられる程の興隆を見せる。 ...
  • もっとも、海辺に殺生禁断の場処があるように、山中にも留山とめやまというものは立て置かれてある。 ...
  • けれどもそこは殺生禁断で、そこで鉄砲など放った分には自分の命に関わるくらいのものですから、誰も殺生をやらないです。 ...
  • けれどもそこは殺生禁断で、そこで鉄砲など放った分には自分の命に関わる位のものですから、誰も殺生をやらないですけれども、またなかなか賢い方法で取るです。 ...
  • その顔の凄愴せいそうさに、ゆきかう人々はむろん、例の殺生禁断令せつしょうきんだんれいにより、人を人とも思わぬ犬たちまで、本能的に道を避けた。 ...
  • 記録によれば、大治2年8月10日に殺生禁断を理由に釈奠での牲を止められたを機に行われなくなった。 ...
  • また、神山として殺生禁断が守られてきたため、広大な原生林が今日まで残されており、古都奈良の文化財の一部として世界遺産にも登録されている。 ...
  • 取るのは鉄砲で殺すのですが、しかしチベットには殺生禁断せっしょうきんだんの場所が沢山あってその場所には殊にまた沢山麝鹿じゃろくが居るです。 ...
  • また、殺生禁断を建前とする寺社領域の拡張が全国的に広まったため、それまで山野河海を生活の場としてきた民衆たちが苦境に立たされ、悪党となったのではないかとする見解が近年出されている。 ...
  • 神苑のうちの樹木折るべからず、鳥獣殺生禁断のことという禁札が立ててあるではありませんか。
  • そのために彼はろくに漁にも出られず、借金だらけになり、しかも妻に薬を買うために、夏の一夜、殺生禁断の区域とされている海に出て漁をし、つかまった。 ...
  • それも比叡のお山、殺生禁断の浄域に勢子せこを入れての遊猟という。 ...
  • 次へ