殺生丸

全て 名詞
20 の例文 (0.00 秒)
  • 殺生丸と犬夜叉の娘達であり、全員が妖怪と人間の血を併せ持つ半妖。 ...
  • 犬夜叉と殺生丸の父との戦から150年後、今度は殺生丸や妖怪たちと戦をした。 ...
  • 殺生丸曰く、父方の家系からも半妖ということで晒し者扱いをされていた模様。 ...
  • 殺生丸はりんの笑顔を思い出すと天生牙を手に取り彼女を蘇生する。 ...
  • この時、りんに着物を届けた後帰っていく殺生丸に「お義兄さん」と呼びかけていた。 ...
  • また殺生丸は以前から知っていたようだが、後に鋼牙一行や、神楽、魍魎丸にまで知られることとなった。 ...
  • 殺生丸は徐々に彼女に心を許していくが、りんは鋼牙の手下の人喰い狼に噛み殺されてしまう。 ...
  • そして現代、日暮神社で発見されたその刀・叢雲牙の目覚めと共に、犬夜叉・殺生丸の兄弟は戦いへと誘われる。 ...
  • 戦国時代への移動の最中、時代樹から殺生丸・犬夜叉の父と並ぶ大妖怪である麒麟丸の討伐を依頼されるも、突っぱねる。 ...
  • その後、りんは殺生丸一行の一員となった。 ...
  • 鉄砕牙への執心から解放されたということから、曲霊と戦いの中で父親を越える大妖怪へと覚醒し、失ったはずの左腕と共に殺生丸自身の刀である「爆砕牙」を手に入れた。 ...
  • 当初から妖刀「天生牙」を父から受け継いでいたが、この世のものが斬れぬ癒やしの刀は、力が全てだったかつての殺生丸にとっては、尊敬する父の遺品としての飾り以外の何物でもなかった。 ...
  • そこにりんがあらわれ、殺生丸に食料を供えるようになった。 ...
  • 特に妖気は凄まじく、殺生丸さえ初めて犬夜叉の変化を目の当たりにした際、怖れを感じたと心中でつぶやいている。 ...
  • さらに数年の時は流れ、殺生丸は娘として双子の少女・とわとせつなを儲け、犬夜叉も日暮かごめとの間に一人娘のもろはを儲けていた。 ...
  • それからさらに50年後、とある城を根城にして、城下町の人間をお館様復活の生贄に捧げようとしたが犬夜叉や殺生丸達に負け、犬夜叉たちと和解し、西国に帰った。 ...
  • 殺生丸は、高橋留美子作の漫画作品『犬夜叉』に登場する架空の人物。 ...
  • 次へ