殺生を禁断

5 の例文 (0.00 秒)
  • 勅願に非ずと雖も、已に宣旨を下され、殺生を禁断せられ畢んぬ。
  • 文治4年、奥州藤原氏を滅ぼそうと考えていた頼朝は「亡母のため五重の塔を造営すること」「重厄のため殺生を禁断すること」を理由に年内の軍事行動はしないことを表明している。 ...
  • 頼朝は「亡母のため五重の塔を造営すること」「重厄のため殺生を禁断すること」を理由に年内の軍事行動はしないことを表明し、藤原秀衡の子息に義経追討宣旨を下すことを要請した。 ...
  • 頼朝は「亡母のため五重の塔を造営すること」「重厄のため殺生を禁断すること」を理由に年内の軍事行動はしないことを表明し、藤原秀衡の子息に義経追討宣旨を下すよう朝廷に奏上した。 ...
  • 建長2年12月、懐妊が明かになると、時頼と重時は安産祈願のために所領や分国での殺生を禁断し、さかんに加持祈祷を行った。 ...