殺生を忌む

6 の例文 (0.00 秒)
  • これは奈良朝から平安朝にかけまして、仏法が盛んになった結果、殺生を忌む、肉食を嫌う、ということになりましたが為です。 ...
  • しかるにその餌取らは、殺生を忌むの風習が盛んになった結果として、主鷹司の廃止とともにその職を失い、為にもとの居処に最も近い、桂河原の佐比・石原の地に流れ出して、放牧・葬送等の世話仲間となったかと想像される。 ...
  • 天地開闢当初は本物の鵲を的に使用し、宰輔も臨席する事があったが、殺生を忌む宰輔には到底その場に臨席できないため、いつの頃のどの国からかは分からないが宰輔は射儀に臨席する事はなくなり、的に鵲ではなく陶板を用いるようになり、射落とした陶鵲の数だけ鳥を王宮の庭に放すようになったらしい。 ...
  • しかるに主鷹司たかづかさは、殺生を忌む仏教信仰の思想から、しばしば廃せられたり、また復旧したりしましたが、結局廃滅の運命に終って、餌取の仕事はなくなりました。 ...
  • だが、王の宰相となる宰輔さいほは殺生をむ。 ...