残る古文書

10 の例文 (0.00 秒)
  • 少なくともその実例は今に残る古文書には記録されていない。 ...
  • 現在残る古文書に永正12年以前のものが極めて少ないのはこのとき焼失したためと思われている。 ...
  • また地元の旧家に残る古文書からも天正年間から慶長年間頃に鉱山開発が始まったと考えられる記述が見られ、16世紀後半の天正年間に細倉鉱山の本格的な採掘が開始されたと考えられている。
  • このほか、室町後期の片切氏の動向は、諏方社に残る古文書から、伊奈郡の国人領主として存続していたことが知られる。 ...
  • パンノンハルマ大修道院に残る古文書類は、ハンガリー建国当初の数世紀に遡る史料のコレクションとしては、質・量とも最高級のものである。 ...
  • 「貝塚」という地名については、元々「海塚」の字が使われていたのだが、16世紀後半に一向宗の自治都市である寺内町がつくられた時には、「貝塚」の字が使われていたことが市に残る古文書からもうかがえるという。 ...
  • 地元の旧家に残る古文書「宮下文書」の伝説では、もともと当地一帯には宇津湖と呼ばれる巨大湖があったが、800年から802年にかけて起こった富士山の延暦噴火で流出した鷹丸尾溶岩により宇津湖が分断され、山中湖と忍野湖に分かれたと伝えられている。 ...
  • これは、布引敏雄が指摘しており、宇部市小野地区に残る古文書に「秀就は小野村で生まれた」との記述があることから小野郷土史懇話会の会員が調査したもので、厚東郡小野村の領主であった財満家の文書や伝承から、財満忠久・就久父子の屋敷が出生地であると結論づけた。 ...
  • 漢字表記では、江戸時代になると「桶廻間」・「桶迫間」・「桶峡」といった表記が主となるが、桶廻間村・大字桶狭間に残る古文書では「桶廻間」が最も多く、数点「桶迫間」がみられ、尾張藩家老であった山澄英龍の著書に『桶峡合戦記』があり、寛政年間に成立した『寛政重修諸家譜』には「洞廻間」と記されたりしている。 ...