死出

全て 名詞
125 の例文 (0.01 秒)
  • ただ、 「死出のみやげ」と、当るにまかせて血闘奮力の限りを尽した。 ...
  • そのほかのことについては、オールド・ベーリーは死出の旅宿のようなものとして名高かった。 ...
  • 死出の鉄路の旅 前日、東京をつときから、ずっとその思案はつづいていた。 ...
  • ハンカチをひき出しただけでも、それが死出のころもになるってわけだ! ...
  • せっかく死出の旅路のパートナーを見つけたのであれば、なぜ二人手を取り合って一緒に生きてみようという気にならなかったのか。 ...
  • しかし、死相をおびている人間の手許へはいって、死出の道づれになるのは誰も嫌だった。 ...
  • ついては勅使をたまわって彼らに死出の光栄を与えていただきたい。 ...
  • それは死出の支度に似て悽愴せいそうな姿であった。 ...
  • 死出を飾るためにこれも同じように日本服をまとっていた妻は、夫との間に子供をさしはさんで寝かすと、夫に前後して見事に咽喉のどをついて自害した。 ...
  • この嬉しさ、死出の山路を辿りつつ思い出しては泣きまする。 ...
  • しかし、そういう男でも、死出の旅路にたつ姿を見送ることは、悲しかった。 ...
  • 例えば古代の墳墓に副葬されている人形には、殉死者の身代わりに権力者の死出の供をさせる目的のものがある。 ...
  • これへいたずらに力攻を加えることは、むしろ彼らによい死場所と死出の道づれを与えるに過ぎないことになろう。 ...
  • 白い元結は日出吉の死出の装いの一つにもなった。 ...
  • 他にも故人を釈迦に見立てて、涅槃図の形式を取る場合や、死出の旅路を表すため旅姿で描かれることもある。 ...
  • わたしも、死出の旅路のお供をさせていただきます。 ...
  • 長かった疲労もそれで報われるというのに、その表情は、死出に赴く罪人つみびとのようだった。 ...
  • 次へ