死出

全て 名詞
125 の例文 (0.01 秒)
  • どんな道かは知りませぬが、死出の旅路をずっと私がお供いたします。 ...
  • 敵であったものたちの死出の旅路たびじの安らかであることを、みなで祈る。 ...
  • その旅とは、死出の旅路であったのだということを、私たちは確信をもって言うことができる。 ...
  • 彼はまたひとり、全く同じ状況で、愛した女の死出の言葉をきかなければならないのだった。 ...
  • 死出は共に今日の日ながら、信長が働きを、一眼見せもせぬ間に先へ死なしたるは!
  • 藤江の浦の、縄打たれ死出の旅路を行く人麻呂の姿ではなかっただろうか。 ...
  • その後でふみ子は化粧を直して食堂に入って来たのだが、あれは死出しでの化粧ではなかったのか。 ...
  • 貴久子は両親の目から隠れて、ひっそりと死出の旅路の支度を調えていた。 ...
  • それは死出の歩一歩以外の何ものでもなかった。 ...
  • 死出の旅路に立派な服装をしたかったのである。 ...
  • 気の毒なことに、死出の旅の道連れにされようとしているとは気づきもせずにね。 ...
  • しかし、死出のよそおいにひげをそっていると、下男が女の客の来訪を告げた。 ...
  • 彼は死出の病のため自殺し、オルガにその莫大な財産を遺した。 ...
  • 裕福な八百屋の娘であったらしいから、親たちも娘の死出の晴着に心をこめたと見える。
  • まさしく、またなき死出の道づれと眼をつけたものであろう。 ...
  • そんなものをもって、八津は死出の旅路たびじについたのである。 ...
  • これがまさに女のひつぎで、大門を出れば死出のみちであることを、鉄斎だけが知っている。 ...
  • 次へ