武家法度

13 の例文 (0.00 秒)
  • まだ武家法度など定まらぬ時で、武士と武士の意地をかけた喧嘩である。 ...
  • 武家法度はつととしての参覲交代さんきんこうたいの制が出されたのは後になるが、すでにこのころから主だった大名で江戸に屋敷を置き、ここに住んでいる者が少なくなかった。 ...
  • 海外諸国との交易は、徳川幕府としては、武家法度の第一条に明記する禁令であった。 ...
  • 一方、武家法度は嗣なきは絶家して封土を没収すると定めている。 ...
  • 当主が急死したさい、跡継ぎがいなければ、その家は取り潰しになるのが本来の武家法度はっとである。 ...
  • 武家法度はっとというものを、つくったのはよいが、その制度がいまでは、おのれでおのれのくびを締めることに相成って居る。 ...
  • しかし、藩主忠利侯ただとしこうは在府中である上に、みだりに援兵を送ることは、武家法度はっとの固く禁ずるところであった。 ...
  • 信濃守しなののかみ宗茂は鍋嶋三十五万七千石の当主なので、武家法度はつとの定めによってこれら行列の総数は馬上十五騎、足軽百二十人、中間ちゆうげん人足二百五十人、合せて四百人ちかい行列である。 ...
  • 武家法度ぶけはつと」からいうと、徒党を組み、火を放った罪は極刑にあたいするのだが、復讐というので、一同伊豆の大島に遠島を仰せつけられ、三、四年後に呼びもどされた。 ...
  • 武家法度に於ては、徒党をむすび、誓約を成すことは、かたく禁じられているが、もし、内匠頭家来どもに徒党の志があったとすれば、すでに、去年、内匠頭が切腹して、領地を召しあげられた時に、城にたてこもって、反抗したに相違あるまい。 ...
  • 正之が、幕府老臣たちと共に改訂した〈武家法度はつと〉二十一ヵ条はむろん徳川繁栄のためのものであるけれども、行文にはおのずからなる〈きびしさ〉がみなぎり、幕府も大名も歩調をそろえ、質朴厳粛な政治をおこなおうという〈意気込み〉が看取される。 ...
  • また、武家法度をやかましく宣布した。 ...