次第に有名無実

5 の例文 (0.00 秒)
  • 室町時代の公家政権の権限は、山城国に置かれた幕府および各国の守護によって大きく侵されていき、次第に有名無実化していった。 ...
  • 配給制は次第に有名無実化され、1982年には小売業者は都道府県知事による許可制となった。
  • 朝廷が班田制と戸籍制度を基礎にした人民の人別支配を放棄し、名田経営を請け負う田堵負名を通じた間接支配への移行により律令制が解体していく過程で、この身分制も次第に有名無実化した。 ...
  • 安史の乱後、時代が進むにつれ、店が城内に広がり、市の営業時間は守られなくなり、市制は次第に有名無実化した。 ...
  • ジッツォ3世の後にケーフェルンブルク伯領とシュヴァルツブルク伯領はそれぞれ別々の所領となったが、シュヴァルツブルク伯領は着々と拡大していったのに対し、ケーフェルンブルク伯領は次第に有名無実化していった。 ...