機雷敷設作戦

31 の例文 (0.00 秒)
  • 第一次世界大戦では、フィンランド湾における機雷敷設作戦に参加した。 ...
  • 続いて哨戒任務に従事し、その次は機雷敷設作戦に参加した。
  • ロシア艦隊は慎重に機雷敷設作戦の準備を行い、ようやく12月1日になって出撃した。 ...
  • この作戦では、ボスポラス海峡口にて機雷敷設作戦に従事した。 ...
  • これは、以前にアメリカ潜水艦によってパトロールされた重要な日本の航路を妨害する戦略の一環として行われ、以後潜水艦による機雷敷設作戦は戦争末期までしばしば行われた。
  • この後も北海やイギリス海峡で機雷敷設作戦など従事する。
  • 続いて、北海で機雷敷設作戦の支援に当たった。 ...
  • 第一次世界大戦では、連合国軍、同盟国軍双方が大規模な機雷敷設作戦を実行したため、各国で多くの掃海艇が新造されたほか、様々な民間船が掃海艇として徴用された。 ...
  • これはすでに就役して機雷敷設任務にも投入されていた第 234 号掃海船の同型船で、喫水が浅いことから敵基地付近や、とりわけボスポラス海峡のすでに機雷を敷設した箇所でもさらなる機雷敷設作戦行動が可能であった。 ...
  • ダイナモ作戦後は1941年4月まで機雷敷設作戦に従事する。 ...
  • 第二次世界大戦にイギリス海軍が就役させたアブディール級敷設巡洋艦は36ノットの高速を発揮し、主に攻勢的な機雷敷設作戦に使われた。 ...
  • 第二次世界大戦開戦後は北海やスカゲラク海峡で機雷敷設作戦や通商破壊に従事する。
  • 第一次・第二次の両世界大戦においては、両陣営とも攻勢的機雷敷設作戦を実施し、相手陣営の主要航路や主要港湾周辺に機雷敷設を行った。 ...
  • シールは、デンマークとスウェーデンにあるカテガット海峡への機雷敷設作戦のDF-7作戦に割り当てられたが、これはとりわけ危険な仕事であり、シール程の大型艦にとっては尚更そうであった。 ...
  • 同年4月30日、スカゲラク海峡での機雷敷設作戦の際に敷設艦プロイセンに衝突され沈没。
  • 第二次世界大戦開戦後、機雷敷設作戦などに従事。
  • 「ナローヴァ」級機雷敷設艦はともに、第一次世界大戦ではフィンランド湾での機雷敷設作戦に従事した。 ...
  • 次へ