橋普請

12 の例文 (0.00 秒)
  • そしてまた橋普請のところへ来ると、昨日きのふと同じやうに俥を担いでやつた。 ...
  • 夏の出水の跡に、村の川の橋普請があった。 ...
  • その橋普請の材料にこの曲がりトチが伐り出されるようにと、時の役人からのお布令が村にお達しになりました。 ...
  • 代官所の認可ゆるしを得て、村では、それから間もなく七十余両の鐚銭びたせんで街道安全の橋普請はしぶしんに取りかかった。 ...
  • そして橋普請のそば俥夫くるまやが一人でえつちらおつちら重い俥を持ち悩んでゐるのを見ると、もう黙つてゐられなくなつた。 ...
  • すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請はしぶしんが出来たのと云っているうちに、幸い、年の加減かげんか、この婆さんが、そろそろ居睡いねむりをはじめました。 ...
  • すると、やれ清水きよみずさくらが咲いたの、やれ五条ごじよう橋普請はしぶしんができたのと言っているうちに、幸い、年の加減か、このばあさんが、そろそろ居睡いねむりをはじめました。 ...
  • またいくつか里をこえてゆくと、橋普請の材木のみいたずらに道をふさいで、橋桁はしげたすらない所がある。 ...
  • すると、やれ清水の桜が咲いたの、やれ五条の橋普請が出来たのと云っている中に、さいわい、年の加減か、この婆さんが、そろそろ居睡りをはじめました。 ...
  • そのころ、この国は洪水があって、名取川の橋が毀れたので、千歳山の麓にある老松を伐り倒してその橋普請の用材にしようとしていました。 ...
  • 珍らしい働き手で、酒男さかをとこと一緒に倉に入つてせつせと稼いだから、身代しんだいは太る一方だつたが、太るだけの物は道修繕みちなほし橋普請はしふしんといつたやうな公共事業に費して少しもをしまなかつた。 ...