権現

1,201 の例文 (0.01 秒)
  • あんなにまでして、わたしの思いが権現さまに通じないことがあろうか?
  • 本当に典膳が斬る気だと知るとさすがの権現与太郎も顔から血が引いた。
  • これは両子権現とも呼ばれ、同寺や所在する山の名前の由来と思われる。 ...
  • 御神体はまったく違うが、これに似た話がほうぼうの権現さまにもある。 ...
  • 権現の御正体はすなわちこの樹であって、昔は女を人身御供ひとみごくうに取った。 ...
  • 自分は今の兄と権現社頭ごんげんしゃとうの兄とを比較してまるで別人のかんをなした。 ...
  • 江戸時代には徳川幕府の指示によって桜井権現と呼ばれるようになった。 ...
  • 元権現から現在の松苧山の山頂に移築された時期ははっきりとしない。 ...
  • その一つが芋場畑に落下したので、それを祝ったのが立石権現とされる。 ...
  • どうじゃ、寺社奉行の雲がくれは権現様以来聞いたことがあるまい?
  • 六社権現は明治初期の火災の影響か、正福寺境内には現存しないようである。 ...
  • 五月でも三国権現のお宮の前には五、六尺の残雪を見るのが普通であった。 ...
  • 「権現様も名所の一つだから好いでしょう」 二人はすぐ山を下りた。 ...
  • 当地域では権現後遺跡・北海道遺跡・白幡前遺跡の3箇所で貝塚が確認された。 ...
  • 御代より権現様を載せ奉りし船なれば、権現丸とはこれをいうなれよ。 ...
  • 権現様につてがあり、しばしこの建物を借り切っていたようなのだ。 ...
  • 権現ごんげん様のご利生りしょうでもきっと迎えの船が来て、みやこへかえることができるでしょう。 ...
  • この病気を機に、家の近くにあった権現様と呼ばれる村の小さな社にお参りするようになったという。 ...
  • 最高峰の権現座は右の写真でも米代川をはさんでもっとも高く見える山である。 ...
  • 人影は権現ごんげんやしろの方をめざして歩みを運ぶもののようであります。 ...
  • 山麓に複数の神社があり、登山口には権現神社の石製鳥居と祠がある。 ...
  • 名前は権現と言つてをりますが、祭神がとつくに沖縄的に変つてしまつてゐます。 ...
  • 権現様のお宮も鳥居もまだ雪に埋もれて、上の方が少し露われているに過ぎない。 ...
  • 吾嬬の森、又は、浮洲うきすの森と呼ばれる所で、その中に吾嬬権現のやしろがある。 ...
  • 大方、権現様が江戸へお入りになる前に殺された武者ではないかということになった。 ...
  • それと同時に、誰がいうとなく黒壁の権現にまいるものが多かった。 ...
  • 碑の傍らには、権現山の由来となった権現社の祠が祀られている。 ...
  • なお、「明神号」と「権現号」が区別されずに使用される例も少なくはない。 ...
  • 次のページ