棋士系統図

11 の例文 (0.00 秒)
  • 日本将棋連盟に所属した物故棋士とは紹介されないものの連盟の棋士系統図においては祖の一人となっている。 ...
  • 近代将棋界の確立者と同時に、その黎明期において数多くの弟子を育て日本将棋連盟の棋士系統図において祖の一人となっている。 ...
  • 実力制名人や日本将棋連盟の成立前に亡くなっているため、連盟に所属した物故棋士とは紹介されないものの連盟の棋士系統図においては祖の一人となっている。 ...
  • 関根金次郎の門下だったという資料もあるが、日本将棋連盟の棋士系統図においては関根とは別系統の祖の一人となっている。 ...
  • また、棋士系統図においては弟子とされていないが、神田辰之助は長く坂田の下で将棋を教わっていた。 ...
  • 日本将棋連盟の物故棋士一覧に名前はないが、佐瀬勇次の師匠や「棋士系統図」においてその名を確認することができる。 ...
  • 日本将棋連盟ではウェブサイト上の小野の紹介記事において通説は天野門下説であるとした上で大橋門下説を採っていたが、現在該当ページは削除されており、棋士系統図においても小野の師匠の欄は空欄としている。 ...
  • なお、将棋遊歴の時期に木見と出会い、負かされた木見が関根に入門して弟子となったという資料が存在するが、日本将棋連盟の棋士系統図においては木見は関根の弟子とはされていない。 ...
  • 日本将棋連盟が1981年以降の将棋年鑑や2018年以降の公式ウェブサイトに掲載している「棋士系統図」では、長谷川は退会扱いとなっている。 ...
  • 日本将棋連盟の「棋士系統図」においては、佐瀬以外に長谷川清二郎、斎藤銀次郎、大和久彪、加藤恵三が弟子として掲示されている。 ...