棋士番号

全て 名詞
26 の例文 (0.00 秒)
  • 以後、毎年新たに棋士となった者に、順次、棋士番号を付与している。 ...
  • 金易二郎をはじめとして、すべてのプロに棋士番号が連番で付されるようになる。 ...
  • ただし、棋士番号制定以前や日本将棋連盟発足以前の棋士も本記事の後半に記す。 ...
  • 将棋棋士時代は加藤恵三八段門下であり、棋士番号は139であった。 ...
  • 左端の数字は棋士番号であり、小さい番号であるほどプロ入りが早かったことを表す。 ...
  • 同成績であるが順位は鎮の方が良かったため、棋士番号は鎮、成幸の順についた。 ...
  • アマチュア枠に対するプロの対局者は、新人即ち棋士番号の大きい方から10人が選ばれる。 ...
  • 日本将棋連盟所属の女流棋士であって、タイトル保持者と休場者を除く女流棋士番号が大きい順から16名が参加した。 ...
  • このとき、1977年3月までに死去または退会した棋士に対しては棋士番号を付与しなかった。 ...
  • 名目上の序列は以上のようになるが、実際の運用においてはタイトルを持たない場合で段位が同じ場合は、棋士番号が小さい者が上座に座るのが暗黙の了解とされており、タイトルホルダーであっても実績に勝る先輩棋士や引退を控えた大棋士に対して敬意を表して上座を譲る光景がまれに見られる。 ...
  • 日本将棋連盟では、棋士に対して「棋士番号」を付与している。 ...
  • 棋士番号を有する棋士の中では、金易二郎に次ぐ高齢である。 ...
  • なお、1977年4月1日の棋士番号制度の制定以後、棋士が連盟を退会した例は永作芳也1名のみである。 ...
  • 棋士番号制度が始まった昭和52年4月1日時点で存命していた将棋棋士の中で、金が最もプロ入りが早かったことから、棋士番号1が付与されている。 ...
  • 棋士番号制度が始まったのは1977年4月1日であり、同日の時点での現役棋士と引退棋士に対し、棋士となった日が早い順番に、1番の金易二郎を筆頭として通し番号としての棋士番号を付与した。 ...
  • 現役棋士は172名棋士番号のない棋士の一覧。 ...
  • 加藤一二三及び森雞二が規定により引退した2017年度以降は、桐山が最高齢かつ最古参、そして唯一の棋士番号2桁の現役棋士となっている。
  • 次へ