棋士採用試験

全て 名詞
20 の例文 (0.00 秒)
  • 日本棋院が行う正棋士採用試験で合格することで採用となる。 ...
  • 翌2002年の棋士採用試験では23勝4敗で1位となり試験に合格。
  • 棋士採用試験は、日本棋院などで採用されている囲碁のプロ棋士を採用する試験。 ...
  • 一方で、外来からの採用として、「外来棋士採用試験」も行っている。 ...
  • 一方で、外来として二度受験した棋士採用試験ではともに予選を突破することすらできなかった。 ...
  • 外来棋士採用試験が導入される前には、「研修棋士制度」という制度があった。 ...
  • 研修棋士は一定の基準に達すると、正棋士へなれる制度であったが、外来棋士採用試験の導入に伴い廃止された。 ...
  • 現在、棋士採用試験に合格した者は一律初段となる。 ...
  • 棋士採用試験の合格者は4月1日付での採用となるが、後述する東京本院夏季採用棋士のみ、試験合格後より仮採用が認められ、各棋戦にも出場できる。 ...
  • そのため、棋士採用試験は入段試験とも呼ばれる。 ...
  • 日本棋院の棋士採用試験では、正棋士の採用枠が毎年度5名ある一方で、女流特別採用棋士の採用枠が1名ある。 ...
  • なお、女流試験ではなく正棋士採用試験で入段した女流棋士は、過去に宮崎志摩子・桑原陽子・加藤啓子・謝依旻の4名がいる。 ...
  • 関西棋院の棋士採用試験でも、定員は示されていないものの日本棋院の女流特別採用棋士と同じような制度があるほか、外来棋士採用試験での優遇 がある。 ...
  • なお、日本棋院の「棋士採用試験」や関西棋院の「外来棋士採用試験」は「試験」という名称であるが、大学入試のような筆記試験ではなく、対局を中心とした実技を重視する試験である。 ...
  • 日本棋院の棋士採用試験で1回・女流棋士採用試験で3回の次点に終わるなど、日本棋院でのプロ入りは成らなかったが、関西棋院でプロ入りを果たした。 ...
  • その後日本棋院院生として棋士採用試験に臨んだが、2008年の女流棋士採用試験では本戦3勝2敗で2位、2009年の同試験では勝ったほうが合格という下坂美織との本戦第7局で敗れ5勝2敗の2位に終わり、プロ入りを逃した。 ...
  • 夏季棋士採用試験では、10位に終わる。 ...
  • 次へ