棋士室

12 の例文 (0.00 秒)
  • 例によって棋士室の予想をいえば、金取りだから、谷川は5二銀と受ける。 ...
  • 棋士室に居ても、みんなと離れ、継ぎ盤を遠くから見ているだけ。 ...
  • その二人が、棋士室でハバをきかすようになったのだ。 ...
  • 棋士室の誰かが、2五角では7四角だろう、と言った。 ...
  • 棋士室にはあまり顔を出さず、たまに居ても、継ぎ盤を眺め、仲間が気の利いたことをいうのを聞いているだけである。 ...
  • また別の日、丸山八段が対局を終えて、棋士室に寄った。 ...
  • この局面になったのは午後五時半ごろだが、将棋会館の棋士室の継ぎ盤には、二時間ぐらい前に第1図と同じ盤面が並べてあった。 ...
  • 二年前までは、藤井も丸山も、棋士室に来て継ぎ盤を囲むようなことはなかった。 ...
  • 有吉の将棋への情熱に対し、谷川浩司は「棋士室で若手棋士と研究会に励む姿は、これからも多くのメッセージを与える事でしょう」とコメントした。 ...
  • 猛暑がつづいた八月のある日の夕方、将棋会館四階の棋士室に佐藤名人があらわれ、たまたま居合わせた中座四段を盤に誘って、この日戦われている将棋を並べはじめた。 ...
  • 他に、『将棋世界』連載の「関西本部棋士室24時」で、とある奨励会三段が退会に至るまでの顛末を読んだことで「その記事に激しく心を揺り動かされた」ことも大きなきっかけだと語っている。 ...