棋士同士

7 の例文 (0.00 秒)
  • トップ棋士同士の対局でも、過去にわずか40数手で決着がつくこともあった。 ...
  • 棋士同士の対局の場合は、「王手飛車をかけた方が負ける」という言葉もある。 ...
  • 永世称号資格保持者・かつ無冠の棋士同士の対局の場合は、先に最初の永世称号資格を取得したほうが上位者となる規定がある。 ...
  • 百番指しは、プロの将棋において、ある二人の棋士同士あるいは女流棋士同士の公式棋戦での対局数が100局に達することである。 ...
  • トップクラスの棋士同士であっても1年間に10局以上同じ相手と対局することがまれであるため、百番指しが達成された組み合わせは、同時代の長年に渡ってお互いトッププロとして、特にタイトル戦の番勝負などで戦った棋士同士の組み合わせに限られている。 ...
  • 地方対局にも対局用品と共に携帯し、昼の対局で火花を散らした棋士同士が、夜は棋士仲間やスタッフも加えて仲良くモノポリーに興ずる光景が見られた。 ...