棋士参加棋戦

21 の例文 (0.00 秒)
  • 第31回から全棋士参加棋戦に移行し、現行のシステムとなっている。 ...
  • また、全棋士参加棋戦での優勝により、同日付で六段に昇段した。 ...
  • 段位も六段まで昇段し、全棋士参加棋戦で優勝を果たした。 ...
  • 第54回NHK杯戦において決勝で羽生善治を破り、全棋士参加棋戦での初優勝を達成。 ...
  • 彼らの中で先崎だけタイトル戦登場経験はないものの、全棋士参加棋戦優勝は羽生善治・森内俊之の次に達成している。 ...
  • 羽生と10歳差以内の順位戦A級経験者・タイトル獲得者・タイトル挑戦者・全棋士参加棋戦優勝者を生年度別に一覧にすると以下のようになる。 ...
  • 藤井は、一般棋戦優勝・全棋士参加棋戦優勝・六段昇段の、3つの最年少記録を更新した。 ...
  • これが2016年現在、最初で最後の羽生との公式対局における勝利であり、全棋士参加棋戦での優勝である。 ...
  • 段位別予選からの参加となる本戦シードでないタイトル保持者・全棋士参加棋戦優勝者で現在のところ本戦出場に1試合多い「逆シード」の扱いになった者はいないが、これが明確なルールに基づいているかは2018年現在明かされていない。 ...
  • なお、同1999年度は早指し将棋選手権戦で、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦での初優勝も果たす。 ...
  • 久保利明より下の世代の棋士からは、現在のところA級棋士・タイトル挑戦者・全棋士参加棋戦優勝者が現れていない。 ...
  • なお、この棋戦は全棋士参加棋戦に該当する。 ...
  • 同年、第11期銀河戦で中川大輔を下して優勝、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦での初優勝を飾った。 ...
  • 羽生世代とは無関係であるが、これらの世代のタイトル挑戦者、A級経験者、全棋士参加棋戦優勝者を列挙する。 ...
  • 本棋戦は全棋士参加棋戦である。 ...
  • こうした最年少記録は、先述した62年後の2016年に四段となった藤井聡太が登場するまで脅かされることすらなく、四段昇段、初勝利、一般棋戦優勝、全棋士参加棋戦優勝と藤井に更新されてしまったものもあるが、王将戦リーグ入りや、参加時期のズレによる順位戦の各記録は破られていない。 ...
  • 第4回朝日杯将棋オープン戦において、2011年2月12日に行われた準決勝・決勝の2局で連勝し、全棋士参加棋戦での初優勝を果たす。 ...
  • 次へ