棋士人生

10 の例文 (0.00 秒)
  • 現実はそうならなかった所に、谷川の棋士人生運の強さを感じる。 ...
  • 棋士人生の最後の頃になって、生涯の傑作を指すあたり、師の大山とそっくりである。 ...
  • 半世紀にわたる棋士人生を通して居飛車党を貫き、数々の定跡の発展に貢献してきた。 ...
  • 他の棋戦ではすでに敗退していたため、この竜王戦が児玉にとって棋士人生最後の棋戦となった。 ...
  • 結果的に、これが棋士人生で唯一のタイトル獲得歴となった。 ...
  • 棋戦決勝進出でさえ、棋士人生23年で初めてであった。 ...
  • そして、勝っても負けても引退日となる2010年4月20日の竜王戦5組残留決定戦で石田和雄を破って6組に降級させ、自身は6組降級の汚点を棋士人生に残すことなく、勝負師として最後の華を飾った。 ...
  • プロ入り以来長らく公式戦の本戦に出場できずにいたものの、プロ入り23年目の第19期銀河戦 では、ブロック戦で最多勝ち抜き者に該当し、棋士人生で初めて決勝トーナメントに出場した。 ...
  • 第19回全日本プロ将棋トーナメント1回戦では、後に初代永世竜王となる渡辺明に棋士人生初の黒星を喫させ、第61期順位戦・C級2組3回戦では、第30回将棋大賞・連勝賞を受賞した山崎隆之の連勝を16で止めた。 ...