棋士

2,728 の例文 (0.01 秒)
  • 二上だけでなく戦後の棋士達はそうした行為をしない傾向があった。 ...
  • やや手がかかり過ぎと見られて、他の棋士はほとんど使用しなかった。 ...
  • そのため、棋士軍はソフト軍が指す前に次の手がわかる局面があった。 ...
  • 以前は永世称号を名乗る棋士にもシード権が与えられていた時期がある。 ...
  • この時には40名を越える棋士達が、疎開先各地から上京して参加した。 ...
  • 棋士が技術伝授でないビデオに出演するのは極めて異例のことである。 ...
  • 同年台湾に拠点を移して台湾棋院客員棋士四段となり、その後五段昇段。
  • このため開催地の地元出身棋士には多大な声援が贈られるのも特徴の一つ。 ...
  • これは決定版とまで言われ、塚田以外の棋士は指さなくなってしまった。 ...
  • ソフト軍、棋士軍ともに合議制によって棋力が上がったかは不明である。 ...
  • 台湾の棋士とも多数交流し、早碁も沢山打ちその中で自信をつけていった。 ...
  • 挑戦者は王将と七番勝負を戦い、先に4勝した棋士が新たな王将となる。 ...
  • 井山裕太より年下で井山から七大タイトルを奪取した初の棋士でもある。 ...
  • 名人になった事はないが、史上最強棋士の候補としてあげる声も多い。 ...
  • 挑戦者は棋王と五番勝負を戦い、先に3勝した棋士が新たな棋王となる。 ...
  • 予選はシード棋士を除く全参加者により行われ、予選通過者を決定する。 ...
  • 駒音も静かであり、後に多くの若手棋士が島のスタイルに追随していった。 ...
  • 以後の低段位若手棋士のタイトル奪取の動きの先鞭をつけたものである。 ...
  • また2014年時点まで唯一二段降段後にプロとなった棋士である。
  • かつては、入段5年以下でかつ六段以下の棋士は全参加であった。
  • 一般棋戦の中には全棋士が参加するものもあるが、出場条件が限られたものがある。 ...
  • 三段リーグ制度が復活する前に四段になった最後の棋士である。 ...
  • 棋士の研究会やテレビの解説などで数々の新語を発し、碁界に広まった。 ...
  • 現在も打たれる手もあるが、独特の感覚であるため他に真似する棋士が現れない手段も多い。 ...
  • しかし専門棋士でこれを最初に試したのは、先の二世算哲であった。 ...
  • 上記の5人に続く記録として、16歳での四段昇段棋士を下記に挙げる。 ...
  • また棋士一家としても有名で、史上唯一七大タイトルを親子で獲得している。 ...
  • 食事をしたい棋士は自身の持ち時間内で食べることになった。 ...
  • 次のページ