校倉造

全て 名詞
40 の例文 (0.00 秒)
  • 校倉造の校子組手を四角形とする極めて異例のものとなっている。 ...
  • 外側に稜角部を向けるため外壁は波板状となり、校倉造の特徴となっている。 ...
  • いずれも瓦葺きであり、高床式の校倉造であったと推定されている。 ...
  • 国立劇場のコンペでは校倉造にアイデアを求めたデザインが論議を呼んだ。 ...
  • ゆえに、校倉造の考察にあたっては現存しない穀倉としての姿を考慮する必要がある。 ...
  • 当時は神明造ではなく校倉造で、千木・鰹木はなかったようである。 ...
  • 特に定まった形式はないが、経典などの書物を収蔵することが目的であることから、古くは高床式のものや校倉造のものもある。 ...
  • 宝蔵は境内東北部に建つ校倉造の倉庫で、ここに保管されていた文書は年預が管理していた。 ...
  • こうした正倉は律令制の衰退と共に失われていったと考えられ、また稲の保存法として俵などの梱包方法が普及したことや、倉の規模が校木の長さにより制限されることなどにより、穀倉として校倉造を採用する理由も失われて、10世紀以降に絶えていったと考えられる。 ...
  • 校倉造を模した建物は、池泉回遊式の閑静な日本庭園と調和が取れた形となっている。 ...
  • 建物の外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザインで、吹き抜けの広々とした館内ではそこかしこに漆を用いている。 ...
  • 校倉造墓文化の人々は畜産の遊牧民で、インド・ヨーロッパ語族のイラン語派に属していた。 ...
  • 正倉院の構内にはもう1棟、小型の校倉造倉庫が建ち、「聖語蔵」と呼ばれている。 ...
  • さらに第一鳥居と第二鳥居の中間には、高さ八メートルの佐久間灯籠とうろうや、校倉造あぜくらづくりの外観の宝物館などもある。 ...
  • この上に北倉と南倉は校木という断面三角形の材を20段重ねて壁体をつくり、校倉造とする。 ...
  • 一方で校倉造のもつ保存性のよさ、あるいは校倉が重要な物資を保存する倉庫の象徴となったことにより、遅くとも奈良時代には宝物の倉庫として用いられ始め、中世以降も宝蔵や経蔵として建てられた。 ...
  • 設計案についてはコンペが行われ、校倉造の正倉院を模した外観とした竹中工務店の岩本博行ほか13名による案が、計307案の中から当選した。 ...
  • 次へ