栄枯盛衰

全て 名詞
126 の例文 (0.00 秒)
  • そうして、寺の栄枯盛衰に関する場合には、霊狐れいこの本能を現わして寺を守ることになっている。 ...
  • この老公は世の移り変りを見てきたので、栄枯盛衰の道理をわきまえていた。 ...
  • 栄枯盛衰なぞと大袈裟おおげさな表現は避けても、変れば変る人の身である。 ...
  • 国家を代表する通信社の栄枯盛衰は往々にして、その社が属する国家のそれと軌を一にしている。 ...
  • 佐賀の栄枯盛衰と共に歩んできた、いわば歴史の生き証人である。
  • 三蔵寺の栄枯盛衰と志摩の民俗を伝える重要な史料となっている。 ...
  • 栄枯盛衰の歴史を、今にしのぶというわけでしょうか。 ...
  • アラビア半島の他の諸国が栄枯盛衰をくりかえすなかで、この国だけはつづいた。 ...
  • 権力というものの栄枯盛衰、またはそれの交替の舞台となったところだったわけであるが、そこで私はふと思いだしたことがあって、とおりがかりの中年の男にこう訊いてみた。 ...
  • 栄枯盛衰えいこせいすいは昔からり返されてきたことだ。 ...
  • この持たざる天分によって、彼らは一般人類の精神的な栄枯盛衰から超然と遊離しているのである。 ...
  • 栄枯盛衰、内紛を繰り返しながらも、名家として今日まで存続する稀有な存在である。 ...
  • 河盛 栄枯盛衰が激しくないということですね。 ...
  • 社会の栄枯盛衰も螺旋的にぐるぐるまわッているのだよ。 ...
  • 奉仕しようと欲するものは、誓いを立てた主人に、栄枯盛衰を共にして奉仕すべきです。 ...
  • 何十もの王朝、政府の栄枯盛衰がくりかえされてきた。 ...
  • 能作者たちは老いて乞食となった小野小町を描く事で、彼女を伝説的な美女から、人生の栄枯盛衰を経た一人の女性に変えた。 ...
  • 次へ