柔和

全て 名詞
1,628 の例文 (0.01 秒)
  • 「ああ、あの時の刑事さんですか」 林は柔和にゆうわな眼になってニッコリした。 ...
  • 妹は二十四歳のとき、柔和で見るからに面倒見のよさそうな男性と結婚した。 ...
  • 彼は兄と違って柔和でおだやかで、いかにも人好きのする性格だった。 ...
  • 兄弟はクリストが十字架についた時のやうに、柔和な顔をしてゐた。 ...
  • 中国人らしい男が柔和にゆうわな顔をして、にわとりいている陶器とうきの人形だった。 ...
  • 柔和な面差しはまるで百人の人間を平均化したように個性がない。 ...
  • 猫被ねこかぶりが多いというは、取も直さず柔和は何人なんぴとでも重んずる証拠である。 ...
  • そして、彼女が柔和な優しい顔立ちをしていることにはじめて気がついた。 ...
  • これは天満天神の地方から選出せられている柔和な牛の主張するところであった。 ...
  • どこへ行っても久保川は、柔和な眼で、うすく口をあけて眺めている。 ...
  • しかし顔にはむしろ柔和な、人の好さそうな表情があった。 ...
  • その柔和で穏やかな顔付は、執念深い決心をたたえた表情に変っていた。 ...
  • 三十恰好の大きな男だったが、相が如何にも柔和で、人が好さそうに見えた。 ...
  • たった今まで柔和だった父の細い目が、激しい怒りを見せていた。 ...
  • 力強い顎の先は二つに分かれていて、顎全体は両ほほの肉によって柔和されていた。 ...
  • 農村の男よりも騎士たちの服装のほうが柔和であり、女性と変わらないほどであった。 ...
  • 船長はダウンズと言い、いかにも商船の船長らしい柔和にゆうわな顔であった。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:柔和