板散華

4 の例文 (0.00 秒)
  • 棟方の『板散華』の解説をしている小説家長部日出雄は次のように書いている。 ...
  • また昭和十七年に出した最初の随筆集の題である『板散華』は、板懺悔とも読める。 ...
  • かれは生涯において、画家としては、ほかに例が少ないであろう、五十冊以上にも及ぶ沢山の著書と画集を出したが、そうした多産のひとつのきっかけとなったのが、この山口書店から出された処女随筆集の『板散華ばんさんげ』であった。 ...
  • 「板散華」という題は、そのころ壮烈な戦死のことをいった「散華」という言葉から発想されたもののようにもおもわれるが、随筆集の内容に、戦時色は殆どない。 ...