東奔西走

全て 名詞
236 の例文 (0.00 秒)
  • 仕方なく親は発熱した子供を抱えて、医者探しに東奔西走することになる。
  • つまりこの時期から彼の生涯はそれこそ「東奔西走」であつたわけだ。 ...
  • さらに記念碑の除幕式などもあるそうで、まさに東奔西走とうほんせいそうの活躍中である。 ...
  • それだけで済むことではなく、東奔西走、なんとか処理しようとしている。 ...
  • 無実の人間を救うための東奔西走の毎日が弁護士・朝日を待っていた。 ...
  • むろん彼はあれ以来相川界隈を血まなこで東奔西走していたのである。 ...
  • その費用を調達のために俺は白真剣しらしんけんになって東奔西走したものだ。 ...
  • 煙草には無関心でゐられたが、酒のためには東奔西走した。 ...
  • 経費なんかはどうでもなれという気になって、東奔西走しているうちに妙なものだね。 ...
  • また他府県の同様の審査会でも審査員として招かれ、東奔西走している。 ...
  • 幕末の彼の動きを見ると、東奔西走して、若々しい活動ぶりを示している。 ...
  • 甲斐勢もこう休みなく東奔西走していたのでは、戦力を消耗するは必定。 ...
  • また、研修などの会場探しにも東奔西走しなければならなかった。 ...
  • 仕事に油の乗った盛りであり、いそがしく東奔西走した時代である。 ...
  • それからは一日たりと兵馬の東奔西走とうほんせいそうを見ぬ日はない。 ...
  • この一年、マーテルに言われて大陸じゅうを東奔西走してたからな。 ...
  • そうした東奔西走の間にも、正造は暇を見出しては入監者の家を見舞った。 ...
  • 次へ