未だ

全て 副詞
9,709 の例文 (0.02 秒)
  • 今日未だ議会が開かれざる間、人民の代表者と云へば県会議長の外に無い。 ...
  • 私は未だ甞てそんな清らかな純な空を見たことがないような気がした。 ...
  • 硯友社は未だ高等学校内の少年の団体であって世間に顔出ししてなかった。 ...
  • 何の爲めに毎晩かうして 寒い中を母親が走るのか、彼は未だ知ら無い。 ...
  • それだけなら未だよかったんですが、四人のなかでは全真が一番若い。 ...
  • ただしこれは単に伝聞のみで自分は未だ詳細な記録的例証を知らない。 ...
  • これらのうちには未だ人の知らざる種類も亦なしと云ふ事あらざらむ。 ...
  • 併しながら全てこれは未だ発見せられざる法則に対する他の名称に過ぎない。 ...
  • これではだ本当に目が覚めていないのではないかと心着いた。 ...
  • 水は少しづゝ増して居るけれど、牛の足へも未だ水はつかなかつた。 ...
  • これが後に草土社となる母体に相違ありませんが、未だ草土社ではありません。 ...
  • 然しこのことは他の物語に属するし、旦つは未だ将来のことに属する。 ...
  • 無政府主義者も日本に於ては未だ勞働組合に手をつけたことはありません。 ...
  • 現時の画界は未だ根本の方針が定まっているということは出来ません。 ...
  • 最初の幕は非常に六ヶ敷くもあるが、未だ渾然とした表現に達してゐない。 ...
  • 彼は未だかつてこれほど辻褄の合はぬ夢を見たことがなかつた。 ...
  • けれど今話した金魚鉢の液体についてはだ面白い事があるんだよ。 ...
  • 次へ

未だで始まる単語

    アマゾンで検索:未だ