未だ曾て

115 の例文 (0.01 秒)
  • 同時に又、このような異様な服装を見た事も、未だ曾てなかったのである。 ...
  • しかも此集今に至りて千年、未だ曾て一人の之を崇尚する者あるを聞かず。 ...
  • 私はこれ程の信頼と尊敬とを受けた事は未だかつてなかったのである。 ...
  • だから代助は未だかつて父を矛盾の極端まで追い詰めた事がなかった。 ...
  • 然し彼等の目的が何であるかは、いまかつて吾々に明示されてはいない。 ...
  • 我々は未だ曾て現実に立脚しない仕事の成功した例を聞かない。 ...
  • 自分は其時そのとき終日いていまかつかずといふ句が何処どこかにあるやうな気がした。 ...
  • 米友は聖人とは言いにくいけれども、いまかつて夢らしい夢を見たことのない男です。 ...
  • 同時にこれ程の面目なさと恥ずかしさを感じた事も未だ曾てなかった。 ...
  • だから代助はいまかつちゝを矛盾の極端迄追ひめた事がなかつた。 ...
  • 金博士の設計になるものが、未だかつて、動かなかったという不体裁ふていさいな話を聞いたことがない。
  • 而も余は未だ曾て彼れが宗匠を呼びて茶會を催したるの風流ありしを聞かず。 ...
  • その初め、未だ曾て識らぬ稀有の地震に私たちは為すところをさへ知らなかつた。 ...
  • 最高のものがこの地上の生の様々な制約の中に申し分なく適合しえた例は、未だ曾てありませぬ。 ...
  • 而も余は未だ曾て彼れが宗匠を呼びて茶会を催したるの風流ありしを聞かず。 ...
  • 彼は白蝶貝の未だ曾て見ぬ巨大なものを見出したのである。 ...
  • 長さ五十三メートル、幅十四メートル、千七百二十三トンのイーグル号は、三人にとっていまかつて見たことのない巨大な船であった。 ...
  • 次へ