未だ充分

27 の例文 (0.00 秒)
  • 此処へ来てから未だ充分の落ち着きを取り戻せない為余り本が読めない。 ...
  • 殊に未だ充分に議論の精錬を經て居らない新生の主義には其傾向が多い。 ...
  • しかしながら単にこれあるのみでは未だ充分なる個人、国家、社会ではありません。 ...
  • 自分自身では、未だ充分に若いと思っている。 ...
  • 皮膚ガスの種類は、未だ充分に明らかにされていない。 ...
  • 換言すれば足利時代史の眞相といふものが未だ充分に發揮せられて居なかつたと云つてよい。 ...
  • 現今に至りても、その傾向が未だ充分に消え去らぬのである。 ...
  • その愛は未だ充分な包括力を有っていない。 ...
  • しかし、現存する資源は未だ充分でなく、この地域の人々の健康と福祉を保証するために、より多くの人材や資金が著しく求められている。 ...
  • それ等は我国に於ても割合に広く読まれているようであるが、我国自身のプロレタリア文学は、反って未だ充分に民衆化されていないようである。 ...
  • 未だ充分その効果を挙げ得ないが、会員を会に親しましめると共に一部の者を過重なる煩労から救い兼ねてその活動を能率的ならしめることができると思う。 ...
  • 大日本帝国憲法制定前はその位置づけが未だ充分ではない点もあったが、憲法制定後は軍事大権については憲法上内閣から独立し、直接天皇の統帥権に属するものとされた。 ...
  • 余が未だ充分には明け切らぬ薄暗い室の中で蝋燭の光で見ては猶更恐ろしく感ぜられる。 ...
  • 一般に思われているのと異なり、全学共闘会議は、その活動の指導的立場にいた当事者の多くは沈黙を選び、その経過の全貌、理念、形態は未だ充分明らかにはなっていない。 ...
  • 陽吉は、そうした気分を未だ充分に感じられずに、ひょいと手拭を湯槽にひたした。 ...
  • 和算家が天元術を理解し得た筋道は未だ充分に明らかにされないが、よほど苦心した跡は種々の史料に基づいて察せられる。 ...
  • それでも、千波湖の浄化は未だ充分なものでは無い。 ...
  • 次へ