木陰

全て 名詞
1,578 の例文 (0.01 秒)
  • 宗次は松の木陰で火を焚くのをお良が島から村へ渡ってくる合図とした。 ...
  • 泉の周囲がちょうど木陰になっていて、自然にできたとはとても思えない。 ...
  • 二人きりで庭の奥の木陰でなんと楽しい午後を過ごしたことだろう。 ...
  • すると木陰や岩陲いわかげからは例の人影が現われでその後を静かに追って行く。 ...
  • 木という木がめりめりと音をたて、木陰に身を寄せるのも安全ではない。 ...
  • すると、それを待っていたかのように、二人の男が木陰から出てきた。 ...
  • どこか木陰でも見つけて、あの人が戻ってくるまで溜め息ついていよう。 ...
  • 何をしている風でもない、少女は木陰に立ってどこかをぼんやりながめている。 ...
  • そこの木陰にいるのかと行ってみると、雑草が風に揺れているにすぎない。 ...
  • 達也が隠れている木陰と、長いコートを着た怪人の距離は約十メートル。 ...
  • 木陰に腰をおろしたまま、男は眼の前に見える大きな新しい建物を見ていた。 ...
  • 私は皆から少し離れた柳の木陰に腰を下ろして、この手紙を書いています。 ...
  • 庭のはしの突き出たがけの上にはベンチが高い白樺しらかばの木陰に置かれてある。 ...
  • つぎの瞬間には岸べの木陰を静かに、だが速く、勢いよくくだっていた。 ...
  • 穏やかな笑みを浮かべて彼はオークの木陰で彼女のことを待っていた。 ...
  • 木の陰に隠れようと全速力で走り、木陰に入るなり、二人は振り返った。 ...
  • ふたりがいなくなるのを見はからって木陰から飛びだしてきた男があった。 ...
  • 次へ