木納屋

6 の例文 (0.00 秒)
  • ここを仕事場としているので、空地の隅には材木を積んで置く木納屋きなやがあった。 ...
  • 鍬形地蔵や木納屋の地蔵と呼ばれていた元の本尊である地蔵菩薩は地蔵堂に移されている。 ...
  • 木納屋のわきは菜畑で、真中まんなかに朱を輝かした柿の樹がのどかに立つ。 ...
  • 見る間に水を離れて、すれ違って、背後うしろなる木納屋きなやに立てかけた数百本の材木の中に消えた、トタンに認めたのは、緑青ろくしょうで塗ったようなおもて、目の光る、口のとがった、手足は枯木のような異人であった。 ...
  • 木納屋の苫屋とまやは、さながらその素袍すおうの袖である。 ...