有体

138 の例文 (0.01 秒)
  • 私は証拠のない事を云うと思われるのが厭だから、有体ありていに事実を申します。 ...
  • なお、この商品とは有体的商品の販売額を指し、不動産などは含まれない。 ...
  • 有体ありていにいうと、私は紅葉の著作には世間が騒ぐほどに感服していなかった。 ...
  • 有体ありていにいえば、御奉行ももっと上の方から云いつけられているのではないかな? ...
  • 有体ありていにいうと、お延と結婚する前の津田は一人の女を愛していた。 ...
  • 有体ありていに言えば今のお絹は、男が欲しくて欲しくてたまらないのであります。 ...
  • さう有体ありてい白状はくじやうしたうへはおまへつみえてしまつた。 ...
  • 猫のほうが本体となれば、一体化というより、有体ありていに同化かな。 ...
  • ですから有体ありていにいえば、少年はわざと負けてかえるつもりで家を出てきているのです。 ...
  • なお付録の四つの文章は有体に云ってあまり共感出来ないものだ。 ...
  • カレーは果して少しも辛くなく、有体にいって食べられるものではなかった。 ...
  • 有体に言うが、この上に寝るんだと言って出されたむしろを見ると、さすがにいい気持はしなかった。 ...
  • 有体ありていに言へば、妹のことなどはかまつて居られなかつた。 ...
  • この本では、生成点は各座標の値が万有体と呼ばれる非常に大きな代数的閉体の元であるような点として定義されている。 ...
  • そして、有体ありていにいって、現実の社会はもっときびしいのである。 ...
  • もっと有体ありていにいえば、彼はこの戦争の成行きを以前から彼なりに絶望的に感じとっていた。 ...
  • 有体ありていにいうと、坪内君の最初の作『書生気質』は傑作でも何でもない。 ...
  • まあ、有体ありていに言えば二号さんの生活ですな。 ...
  • 有体に言えば乙は甲の親書に依って、満州での命の恩に報いたという。 ...
  • たが、もっと有体ありていに言ってやろうか、そうとも、自業自得なんだ。
  • そこに生じてしまう縁や、有体に言うところの責任を、ちゃんと引き受けられるかどうかを考えていないのであれば、それはどこまで行ってもその場しのぎにしかならないのですから。 ...
  • 有体にいって、彼らは欧米人よりむしろ清潔といってもよい。 ...
  • 有体ありていにいえば、あの時私はちょっとあなたに会いたかったのです。 ...
  • 有体ありていに一口でいって、それは彼のがらではなかった。 ...
  • 有体ありていにいえば軟禁状態にあったというべきだ。 ...
  • 有体ありていにいって、あんたは軍隊に行っても役に立たない。 ...
  • 自分の周囲、少なくとも楡病院に暮していた人々は、有体にいえばすべて愚かであった。 ...
  • しかしながら有体ありていに言えば、私の貧弱なる知識では、この説の前半の当否を、批判することが出来ぬのである。 ...
  • 次のページ

有体で始まる単語