最優秀棋士

25 の例文 (0.00 秒)
  • これらの成績により、第46回将棋大賞にて最優秀棋士賞を初受賞した。 ...
  • 第47回将棋大賞では、7年ぶり2回目となる最優秀棋士賞を受賞した。 ...
  • またその名は、日本棋院最優秀棋士に贈られる秀哉賞に残されている。 ...
  • これらの活躍により、将棋大賞の最優秀棋士賞と升田幸三賞を同時受賞する。 ...
  • 坂田は同年創設された、日本棋院最優秀棋士に与えられる秀哉賞の第1回も受賞。 ...
  • 特に1972年から1973年にかけては4つのタイトルを保持して「第二の黄金期」と呼ばれ、秀哉賞・棋道賞最優秀棋士賞も受賞した。 ...
  • さらには、NHK杯戦優勝、初の最多勝利、前述の王座挑戦などの活躍により、将棋大賞の最優秀棋士賞を初受賞する。 ...
  • 竜王位・名人位の2大タイトルを手中に収め、これらの活躍により、2013年度将棋大賞で2度目の最優秀棋士賞を受賞した。 ...
  • 創設年度の関係で大山康晴の受賞回数が少ないものの、大山は50歳代で最多勝利賞・最多対局賞・連勝賞を記録し、第7回には56歳で最優秀棋士賞を受賞している。 ...
  • この1988年度は、対局数・勝利数・勝率・連勝の記録4部門を独占をし、将棋大賞の最優秀棋士賞を史上最年少で受賞した。 ...
  • さらには、同年度の第12期棋王戦で谷川浩司棋王から奪取して初めて二冠となり、将棋大賞の最優秀棋士賞を受賞。 ...
  • 棋道賞最優秀棋士賞を2度・優秀棋士賞を6度受賞。 ...
  • 将棋大賞選考委員会では羽生と藤井のどちらに最優秀棋士賞を授与するかで意見が分かれたが、羽生が9票、藤井が4票となり、最優秀棋士賞は羽生が受賞し、特別賞を藤井が受賞した。 ...
  • 太字はその年の最優秀棋士賞受賞者。 ...
  • 史上初の五冠王、史上2人目のグランドスラム達成、通算七大タイトル獲得数歴代5位、3大タイトル獲得数歴代6位、棋道賞最優秀棋士賞7回、王座位獲得数歴代2位など多数の記録を保持。 ...
  • 棋道賞最優秀棋士賞を受賞。 ...
  • タイトル獲得数歴代1位、七大タイトル獲得数歴代2位、大三冠達成、グランドスラム達成、本因坊位獲得数・連覇数歴代1位、名人位歴代1位、棋聖位歴代1位タイ、棋道賞最優秀棋士賞9回、秀哉賞9回、公式戦通算1500勝など数々の記録を保持している。 ...
  • 次へ