暫時

全て 名詞
687 の例文 (0.01 秒)
  • 兄の子が火のつくやうに泣き出したのは、やや暫時しばらく経つてからであつた。 ...
  • 或る時はほんの暫時いて帰り、或る時は夜になるまでそこにとゞまった。 ...
  • 妻が帰って来ては事面倒ですから、暫時ざんじにして私は家に入りました。 ...
  • その薬を用いると、臨終のすこしまえに、暫時、意識が回復するという。 ...
  • 中継中に会議が暫時休憩となった場合にも同様の対応がとられる。 ...
  • だから、死んでも見えない存在として暫時この世に残る者もいる。 ...
  • 見えなくなったその後を芳江は暫時しばし眺めていたがふと寂しそうに首垂うなだれた。 ...
  • 人口は20世紀半ばまでは微増していたが、その後暫時微減傾向にある。 ...
  • 両院とも指名された者が同一であれば暫時休憩がそのまま散会となる。 ...
  • その決心はこの間から出来ていて、これから暫時の後に実行するはずになっているのである。 ...
  • 暫時しばらく經つと、お雪は自分の目を閉ぢて見たり、開けて見たりしてゐた。 ...
  • 二人共に暫時しばしは何のことばをも交さなかったが、お杉の方からしずかに口を切った。 ...
  • 今朝けさより君が来宅までわが近郊の散歩は濁水暫時地をくぐりし時のごとし。 ...
  • 駅の人たちは捜査の妨げとならないように、暫時御遠慮というところらしい。 ...
  • この措置が同シリーズのみの暫時的な対応となるかは未定である。
  • 「ナニ、何でもないんです」とお雪は暫時しばらく動かずにいた後で言った。 ...
  • その決心は此間から出来てゐて、これから暫時ざんじの後に実行する筈になつてゐるのである。 ...
  • 次へ