暗い納戸

17 の例文 (0.00 秒)
  • うす暗い納戸の中で、おえんはもう何刻もほうりっぱなしにされていた。 ...
  • それでもその暗い納戸で、仁平は滅多に興奮して暴れることはなくなった。 ...
  • 昼なお暗い納戸なんどには、死んだ羽虫の死骸しがいが花弁のように積もっている。 ...
  • さや子を暗い納戸に連れ込んでいるのを、辰男は子供なりに意味までわかっていた。 ...
  • 昼でも暗い納戸には湿しめってかび臭い空気がみなぎっていた。 ...
  • ただ一ついえるのは、谷内もまた暗い納戸と愛しくも憎い祖母や妖怪を、幼き日に持っていたであろうことだ。 ...
  • 短いあひだではありましたが、はじめての奉公なので、これがお前の寝るところだと云はれた暗い納戸のやうな部屋へ這入りますと、いつぺんに涙が噴きあげて体がちつとも動かないのです。 ...
  • 由紀が誘ったのは暗い納戸なんどの中だった。 ...
  • そして昌一君の指さすのを見ると、そのピストルを前にかまえて、いきなり暗い納戸の中へふみこんで行きました。 ...
  • うす暗い納戸なんどひざをついて、鈴は長持ちのふたを開けた。 ...
  • 喜三郎は、暗い納戸なんどで、煎餅蒲団せんべいぶとんにくるまり乍ら、うつらうつらとしていた。 ...
  • たけをは、 「どっこいしょ」 と立って四月の昼間でも暗い納戸へゆき、勤めに着てでる新銘仙の着物を丁寧にたたみつけた。 ...
  • 「この白鼠しろねずみを飼つて居るのは誰だい、お染さん」 暗い納戸の中に、かなり大きなかごの中に入つて、精巧せいかうな車を廻して居る五匹の白鼠を見付けると、平次の好奇心は火の如く燃えます。
  • 雑巾ぞうきん」 こういったので、主税が、急いで、それを取りに戻って来ると、父親は、破れ障子をかつぎ込んで行ったらしく、暗い納戸なんどから出て来た。 ...
  • 暗い納戸は、淀んだ空気が漂っている。 ...
  • 「おいなさいまし、ほほほ、ねえ、お浜、」 と女房は暗い納戸で、母衣蚊帳ほろがやの前で身動みじろぎした。