晴耕雨読の生活

16 の例文 (0.00 秒)
  • 若くから晴耕雨読の生活を送っていた孔明もまた、神仙的な色合いで語られるようになる。 ...
  • 以後、故郷の知多半島に戻り晴耕雨読の生活が始まった。 ...
  • 久三はその後、総代も辞し、一人で山にこもり晴耕雨読の生活にふけった。 ...
  • その後、諸葛亮は荊州で弟と共に晴耕雨読の生活に入り、好んで『梁父吟』を歌っていたという。 ...
  • 祇園などに遊びに行かず、野人とあだ名されるほど粗末な服を着て、漢籍を愛し詩文に親しむ晴耕雨読の生活を送った。 ...
  • その中でも「田園詩」と呼ばれる、江南の田園風景を背景に、官吏としての世俗の生活に背を向け、いわゆる晴耕雨読の生活を主題とする一連の作品は、同時代および後世の人々から理想の隠逸生活の体現として高い評価を得た。 ...
  • 晴耕雨読の生活を送る。 ...
  • 積極的に農作業に励み、没するまで晴耕雨読の生活を続けた。 ...
  • 短編集の冒頭にはジョン・H・ワトスンの署名が入った短い前書きがあり、シャーロック・ホームズが探偵業を引退し、サセックスの農場で晴耕雨読の生活をしていることが記されている。 ...
  • 若い頃から六経に通じ、特に『春秋』に精通していたが、進士に推挙されたものの及第せず、時の湖州・蘇州の刺史を歴任した張摶の幕僚として刺史に従って遊歴した後、故郷蘇州甫里に帰り、隠遁して晴耕雨読の生活を過ごし、自ら天隨子と号した。 ...
  • なお、同じく晩年、松平春嶽公の教育係として御用掛をしていた中根雪江も、宿浦で隠居しており、明治4年から10年までの6年間は、晴耕雨読の生活を営み、その隠宅のことを「煙波楼」と呼んでいた。 ...
  • 蜂谷は1966年8月15日に広島逓信病院院長を辞職、岡山県に帰郷し晴耕雨読の生活に入っていたが、1980年4月13日に死去した。 ...
  • 札幌農学校では、同僚であった新渡戸稲造や松村松年、高岡熊雄、大島金太郎などと親しくなったが、晴耕雨読の生活を夢見るようになったため、1891年3月に退職し、札幌近郊で農業を始めた。 ...
  • その後、千葉県印旛郡遠山村に移り、晴耕雨読の生活を送る。
  • 貞興は、果樹を植え、家畜を育て、晴耕雨読の生活を送るも、明治6年に至ると、かつての同輩たちに説かれて、やむなく佐賀県庁に復帰する。 ...