普請金

12 の例文 (0.00 秒)
  • 普請金は組合の位置する場所によって課せられる金額が異なっていった。 ...
  • 水銀の徴収以上に重要だったのは普請金の確保である。 ...
  • そのために普請金の徴収も行うようになった。 ...
  • 修理を行うための普請金も課せられていた。 ...
  • 江戸中期まで玉川上水では水銀のみならず、普請金や水料の徴収も両玉川家が行っていた。 ...
  • 組合は上水修復に必要な普請金の徴収を行っていたが、後に水銀徴収も行うようになった。 ...
  • 神田上水では水銀・普請金の他に神田上水白堀浚賃銭があった。 ...
  • その他、上水修復のための普請金があり、それに上水を生活・灌漑用水として使用している農村に課せられた水料があり、水料の方は玉川上水だけであって、神田上水にはなかった。 ...
  • 普請金は水銀と異なり上水の利用云々を問わず、上水路の沿道の武家・町家から徴収した。 ...
  • 水元が1口、江戸内が水元と併せて2口、神田橋内が水元と江戸内を併せて3口を普請金として納めることとなった。 ...
  • また災害復旧については、東海道筋の幕府領にあった宿場町の内、例えば吉原宿から由比宿までの普請修復は松代藩真田家が手伝いを命じられ、幕閣内で地震担当を任ぜられた勘定奉行の荻原重秀が真田家普請奉行本締役人に普請金の概算を内示して普請への取り組みを指示した。 ...