普請総

10 の例文 (0.00 秒)
  • 弟は既に普請ふしん奉行ぶぎょうの地位を辞任し、首里を離れております。
  • 家斉はその果敢な働きを賞し、すぐに西の丸普請ふしん総奉行に任じた。 ...
  • 小谷の方の住居別殿の普請総奉行を命ぜられた時、万事に手落ちなく、しかも急速に完成させた功績を買われたものである。 ...
  • 文禄4年に伏見城普請総奉行に任命され、11月にはその功績を認められて伏見留守居役となる。 ...
  • 信長自身が普請総奉行として現地で陣頭指揮を執り、御殿などの建築を統括する大工奉行には村井貞勝と島田秀満が任じられた。 ...
  • 普請総取締の政宗の代理として伊達家の老臣片倉小十郎が事件の処理に当たり、争った両名を作事場の外へ出さず、即日切腹を命じた。 ...
  • 高田築城が公式に決定すると、伊達政宗が普請総取締となり、なまなかのいくさどころではない勢いで諸大名が越後に集合したのである。 ...
  • 元禄8年10月4日、生類憐れみの令により建設される武蔵国多摩郡中野村の犬小屋の普請総奉行に任命され、その建設に当たった。 ...
  • 普請総奉行は、譜代の宿老丹羽にわ五郎左衛門長秀ながひでてた。 ...