普請組勤め

16 の例文 (0.00 秒)
  • 父の助左衛門は普請組勤めなのに、村の方にも用があったのだろうか。
  • そして、そこまで漕ぎつければ、普請組勤めは満更でもなかったのである。 ...
  • にこにこ笑いながら孫六は耳を傾け、おれも結局普請組勤めでかなり品下ったと思っていた。 ...
  • そして年月が経つ間に、孫六も少しは楽をすることをおぼえ、普請組勤めに馴れた。 ...
  • 新兵衛は、普請組勤めで外に出ていることが多いせいか、手足と胸もとが真黒に日焼けしていた。 ...
  • 権兵衛の家は元来は百三十石取りで、普請組勤めに替る前の権兵衛は御供頭を勤めていたのである。
  • その時分には孫六も普請組勤めに馴れ、まだ身体も動いたので、頼まれるままに道具小屋の裏で稽古をつけてやった。 ...
  • 喜兵衛も妻を病気で失い、女の子を一人かかえた男やもめだったので似合いの縁とも言えたが、喜兵衛本人はわずか四十石の普請組勤めだった。 ...
  • 四十五石の普請組勤めである新左衛門からみれば、家格も勤め向きも一段格上だった。 ...
  • 夫は、要するに百石取りの普請組勤めで、人足に立ちまじって、日に焼かれ風にさらされて律儀に勤めてきただけの人間なのだ。 ...
  • 組屋敷を出たからには、小柳甚兵衛は普請組勤めを解かれたと考えるほかはないのである。 ...
  • 三左エ門は牧を見るのははじめてだったが、普請組勤めらしく、日焼けした素朴な風貌に好感を持った。 ...
  • それに、普請組勤めは時には人夫にまじって、腰まで川につかりながら掛け矢をふるうこともあるのだぞ。
  • ついでに言えば清成権兵衛は四十五石の普請組勤め、植田は百石取りで代代郷目付を勤める家の、それぞれ隠居である。 ...
  • 同じ普請組勤めの稲垣省助の三男、庄三郎である。 ...