普請手伝い

23 の例文 (0.00 秒)
  • 理由は、幕府の普請手伝いが一両年中に命ぜられるのは必至の状況である。 ...
  • しかし幕命による普請手伝いが相次いだため、藩財政が窮乏化した。 ...
  • まず正月早早に、かねておそれていた幕府の普請手伝いが、治憲の上に降りかかってきたのである。 ...
  • 御備え金は幕府の普請手伝いなど、莫大な出費が予想される事態が起きたときにそなえて、天明七年から亥年までの五カ年間に一万五千両を積立てることを目標にした預金計画で、すでに三千両が積立てられたが、今年の積立て分が滞っていた。 ...
  • 重臣たちはこの普請手伝いの失敗で藩領半減も覚悟していたが、小田切尚足や朝日茂保を仕置役に任命することで滞りなく成就している。 ...
  • 幕府からも鶴岡八幡宮の普請手伝いを請け負っている。 ...
  • その一方、東叡山寛永寺中堂普請手伝いを幕府より命じられて工事費5万7400両を費やした。 ...
  • 幕命による普請手伝いや桜田御門番、西の丸大手門番などを歴任したため、藩財政が悪化した。 ...
  • もっとも、普請手伝いは乗り切ったものの、藩財政が窮乏を究めていたのも事実であり、周囲からは「雲州様滅亡」とまで噂されたと言う。 ...
  • ところが、そのため幕臣への運動費が捻出できず、その結果明和6年に江戸城西丸の普請手伝いを命じられ、多額の出費が生じて再生は遅れた。 ...
  • こうした諸政策が評価されてか、越前国内の幕府領が全て福井藩の預所となったが、一方で寛保3年8月に日光普請手伝いを拝命し、これもまた財政に負担となった。 ...
  • 江戸城西丸の普請手伝いが無事に終り、幕府からの下され物を受けたあとの十月十九日、上杉治憲は初入部の旅にのぼった。 ...
  • その後も幕府による普請手伝い、3代将軍・徳川家光の上洛随行など、幕府に忠勤を尽くした。 ...
  • 藩政においては、藩財政窮乏化のために借上を行ない、さらに御用金を商人などに課すことで再建を図ったが、天明の大飢饉により藩内が大被害を受け、さらに幕命によって美濃・伊勢の河川普請手伝いに駆り出されてその出費が著しかったため、効果はほとんどなかった。 ...
  • 元禄16年、江戸大地震による普請手伝いを命じられた。 ...
  • 宝暦10年、幕命により比叡山延暦寺山門の修築の普請手伝いを命じられる。 ...
  • 治憲は千坂、竹俣そしてこの正月に江戸家老から奉行職に任命した色部照長の三奉行に、急遽このことを通知するとともに、とどこおりなく普請手伝いを成就するために、全力をつくすべきことを要請した。 ...
  • 次へ