普請役

93 の例文 (0.00 秒)
  • 元禄年間に柳河藩の普請役に就任し、柳河藩の領内絵地図の作成に従事。 ...
  • 隣家の妻は御普請役の家の者のことでもあるから、旅などに出るのであろうか、と相応の挨拶をしておいた。 ...
  • 慶長12年に駿河御普請役を勤めた際に、徳川家康から馬を拝領している。 ...
  • 小倉惣次郎は天正4年に勝頼から普請役免許を受けている御用商人である。 ...
  • 長崎目付が欠員の時は、支配勘定や御普請役などの宿泊所とされた。 ...
  • 地改めで遣わした御普請ふしん役が帰ってきて話したことで、さぎ大蔵おおくらの家の釣狐に似ている物語である。 ...
  • 最上 徳内は、江戸時代中期から後期にかけての探検家・江戸幕府普請役。 ...
  • この普請役を勤めてから退身すれば、若殿治広の代になって間もなく重ねての普請役が回ってくるだろう。 ...
  • 幕臣として普請役を務めていた。 ...
  • 茂勝は江戸城普請役などを務めたが、次第に酒色に溺れて藩政に関心を示さなくなる。 ...
  • 普請ふしん役元締を勤めていた早川富三郎の祖母は病気がちだったが、その祖母が隣家の心安く交際していた同位の者のところへ行って挨拶あいさつをした。 ...
  • 明治維新後、新政府に出仕し、慶応4年6月4日会計官御普請役に就任。 ...
  • 普請役の部将により、人夫が調達され、兵の一部も加わって、栃尾城の修復が夜を日に継いで行われた。 ...
  • 大坂に帰陣した後、渡海しなかった代償として昌幸らには秀吉の隠居城である伏見城の普請役の負担を命じられた。 ...
  • 昌幸は普請役では知行高の5分の1の人数負担が割りふられており、その人数は270人を数えている。 ...
  • 佐野は普請役益頭俊次郎ふしんやくますずしゆんじろうの従僕という形で参加したのだが、当時外国に出るのは、幕府の役人か、その家臣に限られていたので、諸藩のものはこういう手段をえらばざるをえなかった。 ...
  • 信繁は豊臣政権から伏見城の普請役を課され、大坂・伏見に屋敷を与えられるなど独立した大名として遇されていた。 ...
  • 次へ