普請工事

28 の例文 (0.00 秒)
  • 翌年の文禄の役の拠点となる肥前国名護屋城の普請工事を分担した。 ...
  • 普請工事の請負いで、儲けたのは、商人と請負人足のかしらであった。 ...
  • 前将軍が穏便おんびんの伝えられた時と同じように、この宿場では普請工事のたぐいまで中止して謹慎の意を表することになった。 ...
  • しかし間もなく豊臣秀次の家臣となり、文禄3年の伏見城普請工事にも参加した。 ...
  • 天下未曾有の巨城は、慶長八年の普請工事以来、はじめてケチがついたのであった。 ...
  • この年、降雪は比較的少ないと言われたが、積雪を払いつつ行う普請工事は難渋を極めた。 ...
  • その普請工事に、久能山所蔵の金銀を、どうしても、幕府は、手に入れなければならなかったのである。 ...
  • 始皇帝が、阿房宮を建てたことは、あまりにも有名だが、その宮殿を完成させるために、普請工事に囚徒七十余万人を使った、という。 ...
  • 火山灰や溶岩流でなる地盤での普請工事は困難であったとされ、続く松倉勝家の代に領民の一揆を引き起こす一因となった。 ...
  • 同年5月1日から、正高は勘定所役人の井沢弥惣兵衛為永を責任者として東岸の普請工事を行っていたが、負担増加に村々が反発し、7月中旬頃に普請は中止となる。 ...
  • 郡奉行は四人いて、藩内四郡の土地、領民を取り締まり、また普請工事や山林治水の仕事を受け持っているが、禄高は百石以上とされるだけで、さほど高禄の者が勤めるわけではない。 ...
  • 吉左衛門は半蔵に力を添えて、大工を呼べ、新しい母屋の絵図面を引けなどと言って、普請工事の下相談もすでに始まりかけているところであった。 ...
  • 米不足から普請工事も見合わせ、福島の大工にも帰ってもらい、左官その他の職人に休んでもらったからと言って、そんなことまでとやかくと言い立てられるのは、なおなお迷惑至極だという顔つきである。 ...
  • 富士山の宝永大噴火により荒廃した酒匂川流域は、田中休愚により普請工事が行われ、後に正高もそれに加わって享保12年5月に完了。 ...
  • いわば、江戸という町は、築城着手とともにつくられ、その普請工事とともにひろがり、その完成とともに、できあがった、といえる。 ...
  • 天和元年、幕府から命じられた普請工事の遅滞や磔茂左衛門一揆に代表される治世不良により、沼田藩は改易される。 ...
  • 若年の頃からこの彼が耳にしたところでは、當家八幡屋、本家蜂屋の普請より三十七年目、すなはち寶暦八年に普請工事に着手し、翌年落成して家を移したといふことであるが、それから隱居は十九年も存生であつた。 ...
  • 次へ