普請小屋

11 の例文 (0.00 秒)
  • 下の普請小屋ふしんごやから木を叩くやうな音が二三度つづいて聞えて来て、またやんだ。 ...
  • 下の普請小屋ふしんごやから木を叩くやうな音が二三度つづいて聞えて來て、またやんだ。 ...
  • 夜中になるとさういふ重い病気のくせに、通りに出て、通りからはいつた大工の普請ふしん小屋の鉋屑のなかに寝てゐた。 ...
  • ましてや普請小屋を建てて、そこに住まわせてある者には、当然のことながら或る程度、食の方を考えてやらねばならない。 ...
  • 普請小屋は今の水道橋の北にあった。 ...
  • 二里以内に住んでいる者と云えば、どうやら歩いて通える範囲であって、それより遠いところからやって来る者は普請ふしん小屋を建てて宿泊させた。 ...
  • ほうぼうにあった普請小屋が姿を消し、荒々しい人足たちも、それぞれの生国へ帰っていった。 ...
  • 安土桃山時代、毛利輝元が広島城および城下を整備する時に、この地に普請小屋を置いた。 ...
  • 街道を進むと、砂ぼこりの行く手に、馬印を立てた諸藩の普請小屋が点在しており、丘陵の切りくずしや、沼沢・入江の埋め立て工事もたけなわである。 ...
  • 数日の後、阿部老中は普請小屋に出ている茂庭周防を自邸に呼びよせ、 「亀千代丸の家督の件は、聞きとどけることに決定したれば、安堵するがよかろう」 と、申し渡した。 ...