普請奉行

全て 名詞
276 の例文 (0.00 秒)
  • これらの桜は文化年間に御普請奉行の堀彌九郎が植えたものとされている。 ...
  • 普請奉行の一木権兵衛いちきごんべえは、一人の下僚したやくれて普請場を見まわっていた。 ...
  • 旗本であるが、大名格を与えられ、普請奉行の役をうけたまわっていた。 ...
  • 同年11月には普請奉行とともに近郊農村宅地化の管理を命じられる。 ...
  • この年、藩に呼び戻された安藤は翌年、100石の普請奉行に任ぜられた。 ...
  • そんな折、石黒が普請奉行の娘・珠江を嫁に所望しているという噂を耳にした。 ...
  • 隆信の隠居後も近侍し、隆信の隠居城である須古城の普請奉行も務めた。 ...
  • 大坂の陣では目付を勤め、のち普請奉行として各地の城壁の修復にあたる。 ...
  • 物頭兼普請奉行長谷川主水は命令で大坂で資金調達をしたので遅れて江戸についた。 ...
  • 元和5年、京都知恩院の山門および経蔵の普請奉行を務めて京都に滞在。 ...
  • 竹中工務店創業までは清洲城下にあって織田信長の普請奉行であった。 ...
  • しかし、弟の小次郎が普請奉行に任命された工事で、御用金が奪われる事件が起こる。 ...
  • この書状を根拠に新府城の普請奉行を昌幸とする説もあるが、この説は戦後になって唱えられ始めたことが指摘される。 ...
  • 文禄3年、直江兼続が伏見城の普請奉行をしていた頃に故あって改易された。 ...
  • 祖父の宇都宮杢之允は後に錦帯橋と呼ばれる橋の建設の指揮を採っていた普請奉行であった。 ...
  • 勤めも近習きんじゆう組から普請ふしん奉行支配に変えられたが、七万石の藩の中では、それでも下級藩士というわけではない。 ...
  • やがて、人柱が必要だという声があがったため、普請奉行は巡礼の娘を人柱にすることにした。 ...
  • 次へ