普請場

153 の例文 (0.00 秒)
  • たぶん、どこかの普請場で集めて家へ持って帰る途中なのだろう。 ...
  • 隠れたところに働く家族のさまが、この普請場の奥にひらけていた。 ...
  • K氏の普請場に家の人は見えなかったので、挨拶もせずに帰った。 ...
  • それは、まだ未完成な普請場によく見うけられるような板囲いと木戸だった。 ...
  • 普請奉行の一木権兵衛いちきごんべえは、一人の下僚したやくれて普請場を見まわっていた。 ...
  • ホテルの前の大きい普請場の入口を、いま一台の重い荷馬車が入りかけているところだった。 ...
  • お城の普請場ふしんばでは見知りの顔だが、訪問されるほど親しくはない。 ...
  • とりわけ、ご普請場へ出られての行状についての世間の評判が一方でないことは自分もよく知っている。 ...
  • いつやらほどからお菊を普請場へつれてきて飯炊きをおぼえさせるようになった。 ...
  • ひょっとしたら、このまま普請場におけばこの女はなおるのではないか。 ...
  • 母の身支度の出来るのを待っている間に、なに心なく普請場をのぞきに行ったんでしょう。 ...
  • 私は会社の方が忙しいから日曜毎に普請場を見廻ったが、大佐は毎日ついていた。 ...
  • 小学校が増築される時には、だから人々は珍らしそうに毎日普請場へ顔を見せた。 ...
  • しかし、そういう普請場には、必ず厳重な警戒の眼があるはずだ。 ...
  • ようやく彼方此処あちこちに坐り込んで鳶職とびしよくや人夫の一服している普請場へ来た。 ...
  • 角蔵はどの普請場にいても、秋風が吹きはじめると戻ってきた。 ...
  • 父の普請場へいってきいてみよう。
  • 次へ