普請中

全て 名詞
48 の例文 (0.00 秒)
  • すぐに二人前の注文をした客と分かったのは普請中殆ほとんど休業同様にしているからであろう。 ...
  • 普請中ふしんちゅうの大手の道を、秀吉と三使の姿が駒をならべて降りて行った。 ...
  • すぐに二人前の注文をした客とわかったのは普請中ほとんど休業同様にしているからであろう。 ...
  • 丁度藩邸が普請中で、建物は出来たがまだ庭が出来ていなかった。 ...
  • 笹屋の跡は、隣りの見世を普請中の大工がかんなをかけるのに使っていた。 ...
  • 普請中の精養軒せいようけんで、主人公が外国からやって来た昔馴染むかしなじみの女を待ち受けている。 ...
  • まだ天守閣が完成して居らず本丸は堂々としていたが、その他は普請中のところが多い。 ...
  • 店内はまだ普請中で、応接室にまで響きが耳につくが、五時になると職人が帰ってしまって静かである。 ...
  • この頃新たに造って居る屋敷は非常に立派なものですが、まだそれは普請ふしん中で移られて居らんので、元の屋敷の方へ参ったのです。 ...
  • 道の片側は空地で、すぐ向い側に家が普請中ということもあって、その材木置場になっていた。 ...
  • この頃新たに造っている屋敷は非常に立派なものですが、マダそれは普請中で移られておらんので、元の屋敷の方へまいったです。 ...
  • すると渡辺は日本はまだ普請中で、進んでいないから、アメリカ行きを勧める。
  • 普請中のレーニン廟の数町に渡る板がこいは、あでやかな壁画で被われている。 ...
  • 途中で一人の煙突掃除人がそのすすだらけの脇を突き当てて、彼の肩をすっかり真黒にしてしまい、普請中の家の屋の棟からは石炭がどっと頭の上へ降ってきた。 ...
  • ちょうど三好屋は土蔵を普請ふしん中で、高く足場が作ってあった。 ...
  • 普請中の材木の匂いが霧の匂いにまじって香ってくる。 ...
  • すなわち彼は、毎日普請中の城の現場に出張してこれを指揮する一方、領内の土民を日に三百人ずつ引見して、面接試験をやりはじめたのだ。 ...
  • 次へ