普請中

53 の例文 (0.01 秒)
  • すぐに二人前の注文をした客と分かったのは普請中殆ほとんど休業同様にしているからであろう。 ...
  • 普請中ふしんちゅうの大手の道を、秀吉と三使の姿が駒をならべて降りて行った。 ...
  • すぐに二人前の注文をした客とわかったのは普請中ほとんど休業同様にしているからであろう。 ...
  • 丁度藩邸が普請中で、建物は出来たがまだ庭が出来ていなかった。 ...
  • 笹屋の跡は、隣りの見世を普請中の大工がかんなをかけるのに使っていた。 ...
  • 普請中の精養軒せいようけんで、主人公が外国からやって来た昔馴染むかしなじみの女を待ち受けている。 ...
  • まだ天守閣が完成して居らず本丸は堂々としていたが、その他は普請中のところが多い。 ...
  • 店内はまだ普請中で、応接室にまで響きが耳につくが、五時になると職人が帰ってしまって静かである。 ...
  • この頃新たに造って居る屋敷は非常に立派なものですが、まだそれは普請ふしん中で移られて居らんので、元の屋敷の方へ参ったのです。 ...
  • この頃新たに造っている屋敷は非常に立派なものですが、マダそれは普請中で移られておらんので、元の屋敷の方へまいったです。 ...
  • すると渡辺は日本はまだ普請中で、進んでいないから、アメリカ行きを勧める。
  • 普請中のレーニン廟の数町に渡る板がこいは、あでやかな壁画で被われている。 ...
  • 途中で一人の煙突掃除人がそのすすだらけの脇を突き当てて、彼の肩をすっかり真黒にしてしまい、普請中の家の屋の棟からは石炭がどっと頭の上へ降ってきた。 ...
  • ちょうど三好屋は土蔵を普請ふしん中で、高く足場が作ってあった。 ...
  • 普請中の材木の匂いが霧の匂いにまじって香ってくる。 ...
  • 道の片側は空地で、すぐ向い側に家が普請中ということもあって、その材木置場になっていた。 ...
  • ロッジは何かの普請中でしまっていたが、私たちはそれを遺憾とも思わないで、初秋の冷かに澄んだ光の中を、恋人どうしのように歩いていった。 ...
  • だが困るのは、その問題が問題であるだけに、父兄の方から言い出せば格別、わたしの方から父兄にむかって、ここの家の普請中にこんな出来事があったか、又その後に娘たちがどうして淫蕩の女になったか、それらの秘密を露骨に質問するわけにはゆかない。 ...
  • その頃講堂は普請中であつて、内部を参観したのは金堂と開山堂とだけで、さほど長い時間を要しなかつた。 ...
  • いいあんばいに、今あそこに建てている家が、おもいのほか工事がはかどっているから、住もうとおもえば普請中でも一部に住めないことはない。 ...
  • 藤吉郎とは朋輩ほうばいなわけだが、この普請中は藤吉郎は奉行だ。 ...
  • おかげで俺ァ今でも、普請中の家の前を通りがかると、あの千代ヶ岡の台場のありさまを思い出しちまうのさ。 ...
  • それに本来なら、吉左衛門の家が今度の和宮様のお小休み所にあてられるところだが、それが普請中とあって、問屋分担の九太夫の家に振り向けられたというだけでも鼻息が荒い。 ...
  • 政長から事の次第を聞いた一休が普請中の庭に出ると、そこには義政の御用作庭師善阿弥がおり、手には1枚の絵図面を持っていた。 ...
  • 安土城は山頂の石垣の上に五層の天主を持つ予定であったが、最上階の天主閣はまだ普請中で、白木の柱が張りめぐらされていた。 ...
  • ひとりの大工が、ルーイイー街で、普請中の屋敷のまわりに板囲いをこしらえていた時、屋敷の中に引き裂かれた手紙の一片を見いだした。 ...
  • 芥川竜之介も、鴎外の作中では『普請中』などをよく読めと、人にすすめている。 ...
  • それで普請をして仮橋が出来、本橋は引続き普請中、寛保二年にまた流されてしまつた。 ...
  • 次のページ