普請

全て 名詞
2,262 の例文 (0.02 秒)
  • 本格的な城普請が孫市の死をきっかけにしたようにはじまったのである。 ...
  • 周辺はいまだに仮普請かりぶしんの家が多くて新築の立派な構えは目につきやすい。 ...
  • 父の助左衛門は普請組勤めなのに、村の方にも用があったのだろうか。
  • 各普請は一定時間で機能を停止するため、定期的に起動する必要がある。 ...
  • 普請金は組合の位置する場所によって課せられる金額が異なっていった。 ...
  • 父親が大工をしていたので、伊三次も普請現場の前は素通りができない。 ...
  • 敵軍は設置された普請を制圧することで機能を停止することもできる。 ...
  • そんなはずはない、公儀の許しを得た以上、建築普請に遅滞は許されない。 ...
  • よく行った松の湯は新しく普請ふしんをして見違えるようにりっぱになった。 ...
  • 其で、建築に与る人が神に仮装して、普請始めなどに出た習慣が出来た。 ...
  • 信長は丹羽長秀の普請・作事の進行状況がひどく気に入ったようである。 ...
  • たぶん、どこかの普請場で集めて家へ持って帰る途中なのだろう。 ...
  • 家の修理や普請が一段落したころには、はや、梅雨の季節に入っていた。 ...
  • 前川忠太夫が依頼した吉良邸の普請というのは隠し部屋のことである。 ...
  • こうした善美をつくした普請だったから、総費用七十五万両といわれた。 ...
  • 駿府城普請の際は、越前福井藩の担当箇所の代官として派遣されている。 ...
  • 天正4年の関宿城の普請の際には貞運と思われる人物が指導を行っている。 ...
  • 次へ